本文へスキップ
     鹿児島で広島かきの購入は、牡蠣小屋・瀬々串物産館です、年中無休で営業中

  牡蠣のご用命は鹿児島の瀬々串物産館

電話でのご予約・お問い合わせはTEL.099-343-8383

〒891-0201 鹿児島県鹿児島市喜入瀬々串町346-2

    館内のイケス

かき・牡蠣を食べるなら、鹿児島の瀬々串物産館

かきを食べるなら鹿児島市喜入町にあって、国道226号と錦江湾に挟まれた場所にあります。
かきの販売、焼きかき・蒸しかき・かき食べ放題などを鹿児島で13年間格安な価格で皆様に提供して来ました
2020年4月1日より、昼の部を11時~15時、夜の部を17時から21時頃までの営業をします。
弊社は、鹿児島の皆様に何処よりも新鮮で美味しい広島かきは基より、干物・魚貝類をお安くを念頭に掲げ、活魚を主体とした複数の定食メニューを取り揃えていきます。

     
館内は冷暖房・完備

 ☆かきの詳細

 
長崎かき・広島かき・北海道産かきなど

 
鹿児島の牡蠣小屋・瀬々串物産館は、年中無休で営業中

 
● 蒸し・焼きかき、
1K 1.500円~
  ※ 1㌔
(約6-11個) 広島・長崎産・北海道

 ● かきの持ち帰り、1K 1.500円
 
      ※ 1㌔(約6-11個) 広島・長崎産・北海道
 

  
営業時間
  ※11時~15時 ・ 17時~22時頃

牡蠣テーブル


 
  館内は冷暖房完備で暑さ・寒さ知らず

広島かきの販売・通販にあたり、お客様には下記内容をご理解頂いた上、ご注文してください。
各産地の気象等により、かきの生育が一定しておらず、個数・時期が少々の変動があります。
かきの通販、及びお取り寄せの際にはホームページや電話にて確認の上ご注文して下さい。

かきの販売・通販の専門店の、弊社は各産地の「北海道」「宮城」「広島」「長崎」各県の生産者から直送にて大量仕入れの為、他社に劣らない料金でご自宅へお届けします。

 
当店の牡蠣へのこだわり
 

牡蠣小屋の瀬々串物産館は、全国のかき生産者から一端当店で仕入れし商品を目視・及び、館長自ら試食した上で、瀬々串物産館に来店されたお客様の評価を確認後お客様に通販及び、お取り寄せを承っています。

通常、仲買の通販業者はお客様から注文を取り、取引先の生産者や仲買業者に発送依頼している状況です。


鹿児島の瀬々串物産館はかきの専門店として、多数のイケスを完備し水温等の管理を徹底し海産物を畜養してますので、お客様の注文時点まで活物の状態でお出しする事が出来ます、他店では冷蔵庫などで保管している関係上、1日1日痩せたり・美味しさが半減しています。

★ 牡蠣・かき・カキの焼き方ー1


調理前に流水をかけながらタワシ等で表面の不純物を洗い流し、フキン等で水気を良く拭き取ります。
殻付きのかきを加熱する理由は、そのままで開こうとすると、なかなか開けづらいです。
少し加熱した方が簡単に開ける事ができます。
無理にこじ開けると薄いかきの殻が砕けてかきの身に付着しジャリジャリするのを避ける為に、過熱するかきの平たい面を上にして網の上でチョウツーガイの部分を軍手やおしぼり等で押さえ、隙間の中へナイフを入れて90度半転させて開きます。
下殻の貝柱はほとんど取れていますので上殻の貝柱をナイフで切り取ります。


 ★ 牡蠣・かきの焼き方ー2

電子レンジではターンテーブルにお皿を乗せてお皿の上にかきを上向きに並べ、レンジ用のフタ、又はサランラップ等で包んで600Wで約8分加熱します。
オーブンではテーブルの上に広めのアルミホイルを引きかきを数個乗せて包んで10~15分位加熱します。
※ サランラップ・アルミホイル等を使う事でカキに含む海水が飛びちって    レンジ内部を汚さないようにする為です。


 ★ かきの食べ方

調味料にはレモン・ポン酢・醤油・バター・マヨネーズ等があります。
加熱中や焼きたてのかきにお好みで加えてお召し上がり下さい。
   加熱中に上殻を開け醤油を2~3滴たらす
   加熱中に上殻を開けてマヨネーズを少々
   加熱中に上殻を開けてバターを少々
   上殻を開け味ポン・レモンを1~2滴たらす
※ 加熱が進むと身が縮みますが、少し焦がしても大変美味しいです。

店舗イメージ




瀬々串物産館

〒891-0201
鹿児島県鹿児島市喜入瀬々串町346-2
TEL.099-343-8383
FAX.099-204-7577